インプレッション

元々の意味は「印象」ですが、WEB業界において使われる「インプレッション」とは、広告の露出回数(表示回数)のことで、WEBサイトに掲載される広告効果を計る指標の一つとして用いられます。

ホームページに訪問者が訪れ、広告が1回表示されれればインプレッション数は「1」になります。
これは広告をクリックされたかどうかに関係なく「表示された回数」ですので、広告の効果を計る際にはまずこの数値を高めなければ意味がありません。
(広告が表示されていなければクリックされるはずもありませんので)

広告のタイプの一つとして、インプレッション1回につき課金する方式をインプレッション保証型広告と呼びます。


インプレッションを増やす方法として、リスティング広告SEMを利用される企業も多くあります。

関連

MENU

HOME | アクセシビリティ | インプレッション | SEO | SEOにおける内部対策 | SEO対策 | コンテンツでSeo対策