アクセシビリティ

Yahoo百科事典の記事を引用すると「アクセスのしやすさのこと。情報やサービスなどがどれくらい利用しやすいか、とくに障害者や高齢者などが不自由なく利用可能かどうかの度合いを示すものである。より多くの人々が利用できる環境を、「アクセシビリティが高い」などと表現する。」と表現されています。

つまり、高齢者や障害者などハンディキャップを持つ人にとってどれだけ利用しやすいかを表す場合、もちろんそれ以外の人にとってもどれだけ利用しやすく使いやすいかを表すときに「アクセスビリティ」という言葉を使います。

ホームページは情報発信の為のツールですが、それはホームページを見る人がいて初めて成り立つものであって、誰も見ないホームページ、誰が見ても理解できないホームページなら情報発信としての役割を果たしているとは言えません。

その際に、どれだけ多くの人がいかに使いやすく、また理解しやすいように情報を掲載できるか、ボタンを配置できるかなどがアクセスビリティを考慮する上では大切になります。

関連

MENU

HOME | アクセシビリティ | インプレッション | SEO | SEOにおける内部対策 | SEO対策 | コンテンツでSeo対策